家賃滞納への対策

迅速な対応

家賃の支払いが遅れだしたら借主にすぐ連絡!主

1か月分程度の家賃滞納では、督促することで借主との関係がこじれるのを避けたい等の理由からすぐには動かないという貸主も少なくありません。しかし、家賃の支払いが遅れだしたら、借主にすぐに連絡を取ることが重要です。

というのは、借主と話をすることで借主に関する最新の情報を得ることができるからです。例えば、「給料日が変わってしまった」ということであれば、勤務先が変わっていることが考えられますし、「収入が減ってしまった」のであれば仮に今回の滞納が解消されても再び滞納が発生する可能性が高いと考えられ、事前に対策を取ることができます。
「少しくらいの遅れなら・・」というのが後々大きな問題になりかねません。滞納が発生したら迅速な対応が必要です。

最終目標は明け渡し

家賃を対応した借主はまた滞納する!

家賃を滞納した借主は、一旦は滞納を解消したとしても、その後も滞納する可能性が高いと言えます。家賃は住居という生活の最も基本的な部分を確保するための費用ですから、それを滞納するということは「支払わない」のではなく、「支払えない」状態にあると考えられるからです。

経済的に苦しい状況にあるので、すぐに改善される事態は考えにくいものです。数か月分の家賃滞納状態が数年間続いている、というご相談が多いのも、経済状態の改善の難しさを表しています。
そのため、一度でも家賃を滞納した借主に対しては、単なる支払い忘れ等の場合を除き、最終的には明け渡しを目標として対応することが必要です。

入り口の重要性

安易に入居者を決めるとその後大きな負担に…

空室は、特に経済的な問題から貸主にとっては可能な限り避けたい事態です。最近の経済状況を反映してか、好立地にもかかわらず借り手がなかなか見つからないという貸主の声をよく聞きます。「礼金なし」「フリーレント」等のサービスをつけるなど貸主の負担は増すばかりです。その負担を軽減するために手っ取り早い方法は入居の審査を緩めることですが、安易に入居者を決めてしまうと、その後の家賃の滞納、明け渡しなど後々大きな負担になりかねません。

現在の法律では、貸主が住居に関する賃貸借契約を簡単に解除することができないこと、強制執行を行う場合、貸主の金銭負担が大きいことを念頭に、後々のトラブル回避のために借主・保証人の属性を詳細に把握し、入居者の決定は慎重に判断する必要があります。そして、管理会社に任せきりにせず、貸主自ら入居希望者に会うなどして、その人となりを見ることも重要です。

無料相談受付中

当事務所では、家賃滞納に関してのご相談を相談料無料にてお受けさせていただいております。

受付時間 平日9:00〜19:00
※メールは年中無休24時間受付

お電話でのご相談は
【東京】03-3270-9966
【京都】075-693-3802
【福岡】092-283-5311
メールでのお問い合わせ
こちらの無料相談フォームよりご連絡下さい。

無料相談受付中

当事務所では、家賃滞納に関してのご相談を相談料無料にてお受けさせていただいております。

受付時間 平日9:00〜19:00
※メールは年中無休24時間受付

お電話でのご相談は
【東京】03-3270-9966
【京都】075-693-3802
【福岡】092-283-5311
メールでのお問い合わせ
こちらの無料相談フォームよりご連絡下さい。