よくある質問

定期建物賃貸借契約とはどのような契約ですか。普通の建物の賃貸借契約とは何が違うのですか。

契約締結の際に、公正証書などによって契約書面を取り交わす場合、契約の更新がないことをあらかじめ定めることができます。契約の更新がない、契約期間が定まっている契約を定期建物賃貸借契約と呼びます。
通常の賃貸借契約の場合、当初の期間の満了によって契約は終了となりますが、貸主が更新を拒否するためには正当な事由(理由)が必要になるため、実務的には借主が望む場合は貸主は契約更新を拒否できないことがほとんどです。定期建物賃貸借契約の場合、このような事態を回避することができるため貸主にとってメリットがありますが、次の点に注意が必要です。
@貸主は、借主に対して、あらかじめ契約期間の更新がなく、期間の満了によって契約が終了することを書面を交付して説明する必要があります。
A期間が1年間以上の場合、貸主は借主に対し、期間満了の1年前から6か月前までの間に期間満了によって契約終了する旨の通知をする必要があります。

無料相談受付中

当事務所では、家賃滞納に関してのご相談を相談料無料にてお受けさせていただいております。

受付時間 平日9:00〜19:00
※メールは年中無休24時間受付

お電話でのご相談は
【東京】03-3270-9966
【京都】075-693-3802
【福岡】092-283-5311
メールでのお問い合わせ
こちらの無料相談フォームよりご連絡下さい。

無料相談受付中

当事務所では、家賃滞納に関してのご相談を相談料無料にてお受けさせていただいております。

受付時間 平日9:00〜19:00
※メールは年中無休24時間受付

お電話でのご相談は
【東京】03-3270-9966
【京都】075-693-3802
【福岡】092-283-5311
メールでのお問い合わせ
こちらの無料相談フォームよりご連絡下さい。